飲む日焼け止めを飲んだらどう?おすすめな人は?

私は自分の性格を一言で言うと、大雑把かな。あまり細かいことをするのが苦手。
メイクやスキンケアでもそうだけど、あまり細かいことまで気が回らないし、美容にいいよって話しを聞いてもなかなか続けることができなかったりということもよくあるし。

 

スキンケアで、お肌のケアをするのは大事だけど、よくよく調べてみると、シミにしてもニキビにしても、くすみやシワなんかも、紫外線が原因の一つになっていることは間違いないみたい。
それが分かってるなら、毎日日焼け止めをきちっとしてればいいんだけど、そんな時間も気持ち的な余裕もないわけでして。

 

飲む日焼け止めサプリはどういう人におすすめか?

 

はっきりいって、女性でも男性でも、少しでも若く見られたいとか、肌が若々しくあって欲しいとか、そういう美容に関して気を使いたい人には、みんなにオススメなんです。

 

確かに、塗るタイプの日焼け止めは効果はあるでしょうけど、ズボラな人には難しいかも。
それに、肌が弱いと、SPF値が高いクリームを塗っていると肌荒れが出たり。

 

まずは、ベースに「飲む日焼け止め」を毎日飲んで、それから、場面に応じて塗るタイプも併用する、これが私の理想かな。
飲む日焼け止めランキングはこちら

紫外線は1年中来てますから飲む日焼け止めが大事

もし、紫外線による日焼けが1年の中の一時的なことなら話しは別なんですけど、そうじゃないですよね。

 

12月だろうと1月だろうと、寒くても紫外線は来てるんです。

 

だから、理想を言うと、1年中紫外線対策、日焼け止め対策をしておくに越したことないんです。
でも、冬に外に出るからって、日焼け止めクリームを塗りますか?それでうまいことメイクもできますか?
それこで肌に悪影響が出そうで怖いです。

 

だからこそ、1年中、飲む日焼け止めを飲み続ける意味があるんじゃないかなと思うんです。

日焼けしやすい場所はどこ?飲む日焼け止め必須よね

紫外線は直接浴びる場合と、跳ね返りでも浴びる場合があります。
UVAの場合は窓ガラスも通過しますし、かなり厄介なんです。

  • 海などのビーチサイド、プール
  • ゴルフ場
  • グランド
  • 雪山でのスキー

日陰にいてようと、気温が低かろうと、紫外線はやってきます。
4月頃から9月頃は特に日焼けに注意ですが、それ以外の季節にいかに日焼け止めが出来たかで、20代、30代、そして40代以降になった時の、肌のキレイさに差が出てくると思います。

 

将来、同窓会で、特に女性は周りと若々しさを比べることでしょう。
自分のほうが若く見えるかどうか、これは大きな関心ごとです。

 

飲む日焼け止めを飲むことで、自分の自信に繋がるといいですね。

飲む日焼け止めはこんな時や人におすすめ!のコメント

飲む日焼け止めがおすすめなタイプはずばり!

SNSを見てると、みんな海行ったり山行ったり、アウトドアを満喫してるようで羨ましい。
人と交流するのが苦手な私なので、人間関係でゴタゴタするくらいなら、一人のほうがいいって思ってしまったりもある。
外に出ててもシミが増える一方だし、規則正しい生活続けてるほうが肌にはいいだろうし。
飲む日焼け止めサプリは私みたいなのより、頻繁にアクティブに外で活動する人でしょうね。
そういう人が外に出る前に飲むのが日焼け止めになるってことなんでしょう。
もちろん日焼け止めクリームは塗るべきだと思いますよ。
だって怖いでしょ、何にも証明されていない飲む日焼け止めだけで一か八かかけてみるってのは。
そもそも日焼けしても、時間がたてば、肌が赤くなってても黒くなってても、時間とともにひいてくるでしょう。
問題は、そこからシミが出来るまでの期間が長いってことです。
日焼けしたときの対処方法としては、冷やすことがいいでしょう。だってヤケドなんだからね。