飲む日焼け止め後のケアも必須

飲む日焼け止めサプリを飲んでから紫外線を浴びると、紫外線対策としての効果はあるような気がします。
ただ、それだけでは不十分ではないかなと思います。

 

日焼け止めクリームもそうですが、その他には、シミ対策の化粧品ですね。

 

すでにシミが出来てるか出来てないかは関係なく、まだ黒い斑点になっていなくても、隠れジミとして、奥のほうですでに色素沈着が起きてる可能性があります。

 

それが次第に皮膚の表面に出てきたときには、かなり濃いシミになっていることもあります。

 

ですので、常日頃から、シミが出来てるかどうかではなく、紫外線を飲む日焼け止めサプリメントでケアしつつ、UVカットクリームを塗りつつ、シミ化粧品を愛用するという心構えが必要かと思うようになりました。

飲む日焼け止めとビタミンCで美白対策

シミ対策というと、私は真っ先にビタミンCを思い出すんです。

 

シミに効く成分ってどんなのがあるのでしょうか。
それは今だに疑問です。恐らくこれだろうというのはありますが、あまりにも種類が多いのです。

 

ビタミンCなんかは有名ですし、最近はビタミンC誘導体もあります。
それにハイドロキノンにアルブチンなども定番になってる感もあります。
さらに知名度も高くなってるのかなと感じています。
私は化粧品を探すときは、昔はメルマガとか宣伝とかのイメージで決めていました。
どういった効果があるかというよりは、そこに載ってる写真のイメージでこれは効果ありそうとかって短絡的に判断していました。
最近は少し違ってきました。成分をみます。
まだまだ詳しくないので間違ってるかもしれませんが、とにかくどんな成分が入ってるかをみて、その含有量を比較できるものなら比較してみると。
それと価格を照らし合わせて決める感じですね。
今お気に入りはハイドロキノンがいいかなと思ってますが、ネットをみてるともっともっとたくさんありますね。シミに効きそうな成分って。
全部使うわけにもいかないし、トライアルとかで短期間試しても効果なんて分かりませんので、よほど評判が良いものでないと新たに使おうとは思えないんですね。
あとはビタミンC誘導体をイオン導入で使ってみたいかな。やっぱり浸透力に違いが出そうですからね。肌のくすみもでてきてるし、一緒にケアできれば理想なのですが。

 

美容や健康に良いと言われる成分としては、ビタミンCというと有名な成分の一つです。
普段の食生活からも摂取でき、抗酸化作用とがあると言われています。
水溶性の成分なので長時間からだの中で効果を発揮してくれるものではありませんので、小まめに補給したほうがいいと言われています。
サプリでもいいですが、出来れば毎食で効率よく摂取したいところですね。

 

では美容についてはどうでしょうか。飲む日焼け止めのようにサプリのことではありません。
最近はシミに効くと言われていることもあり、高濃度のビタミンCだったり、ビタミンC誘導体として化粧水や美容液に配合されています。
どれほどの効果があるかは個人差があると思いますが、ハイドロキノンかこれかってくらい私の中では注目度は高いです。
ただ、ビタミンC誘導体にもいろんな種類がありますので、単に誘導体配合って書かれてても、それがどの種類になるのかまで調べておかないと、後で比較するときに困るかもしれません。
時間があるときにまた調査したいと思います。
しかし、化粧品にも成分にもいろんな種類があるので迷うことも多いです。

 

飲む日焼け止めサプリは日本製がおすすめだと思っていましたが、ヘリオケアのような海外製で人気の飲む日焼け止めサプリを見ていると、決して日本製が確実に一番だとは言い切れないと思うようになりました。