飲む日焼け止めを1年中飲むべき理由

飲む日焼け止めサプリについては、夏前になると、そうですね、4月か5月くらいになると、新商品が出てきますよね。特にここのところ、日本製の飲む日焼け止めも発売されてからというもの、6月とか7月頃になっても、まだ新発売の商品が出て来るくらい、今はかなり求められている存在なんだろうなと思います。

 

確かに私の中での存在でも以前とは変わってきました。
何を言っても、ウォータープルーフの塗る日焼け止めがメインだったのですが、1年を通して考えると変わってきました。

  1. 飲む日焼け止め
  2. 塗る日焼け止め

こういう順番です。

 

その理由は、やはり紫外線対策は1年中するべきだと思うように考えが変わったからです。
以前まで、塗る日焼け止めばかりの頃は、紫外線を浴びていると実感できる季節だけ、紫外線対策を考えていました。
しかし、どうやら紫外線というのは年中浴びているし、その浴びた紫外線のことを肌が記憶しているそうなんです。

飲む日焼け止めは毎日浴びる紫外線のシミを防ぐ効果

毎日外に出るなら、毎日紫外線を浴びていることになります。
曇っていても同様です。そしてしらない間にシミが発生してくるわけですが、実は紫外線を浴びたら即シミが出て来るものではないんです。

 

メラノサイトという色素細胞が異常なほどに活性してきたら、黒い斑点、老人性色素斑という言い方もしますが、そういうシミが発生してくるものだと言われています。

 

真冬にUVクリームを顔に塗るとベタベタが酷くなるし、できれば避けたいという思いもあります。
テカテカしてる顔は良い印象もありませんから。
そこで飲む日焼け止めの出番になるんです。

飲む日焼け止めサプリは継続することで効果を発揮する

いつからか増えてきた日本製の飲む日焼け止めですが、皆様がホームページで作成している飲む日焼け止めランキングでも、日本製のサプリが増えてきています。
特徴としては、ニュートロックスサンが入ってること以外に、定期購入を設けている通販サイトが多いということです。

 

何度も注文するのが面倒ですし、どうせ毎日飲むようなサプリだったり化粧品だったりの場合、定期的に届けてもらうことで安い価格で買うことが出来る場合もあります。確かヘリオケアは輸入品だからそういう制度はなかったと思いますが、飲む日焼け止めサプリ【ホワイトヴェール】なんかは初回はすごく安い価格で買える定期コースの制度があったと思います。

 

当然、1年を通して紫外線量を見てみると、大きな波になっていることが分かります。
冬より夏のほうが多いです。
そいうかといって、冬はゼロになるかというとそうではないんです。

 

1年間を通して、飲む日焼け止めを飲むことで、よりシミの少ないスキンケアライフを送れるのではないでしょうか。